透明度の高いアクリル板

アクリル樹脂は、透明度が高いのが特徴です。アクリル樹脂で作られたアクリル板はガラスのように透き通った感覚で使えるメリットがあります。また紫外線などにさらされても変化しにくいため、車のヘッドライトカバーにも採用されています。

アクリルとプラスチックの違い

アクリルはプラスチックの一種

アクリル樹脂・アクリル繊維からできるアクリルは、プラスチックの一つです。中でも紫外線対策がなされた物や絵の具などさまざまな物に加工できるメリットがあります。透明感が高いため、高級感もプラスすることができます。

プラスチックは合成樹脂のことを差す

プラスチックは、有可塑性の有機高分子物質の総称です。主に合成樹脂のことを差します。これから見ると、アクリルもプラスチックの一種であることがおわかりいただけることでしょう。劣化しやすい・壊れやすい性質があります。

強度や透明度がほしいならアクリル

アクリルは、厚みを高めることで強度を高めることができます。また、他のプラスチック樹脂と比べると透明度が高いため、さまざまな用途に用いられています。耐久性が欲しいスマホケース類や、透明感がおしゃれさを醸し出すアクセサリー類にも用いられます。

アクリル板がよく使用されている製品TOP3

アクリル板
no.1

スマホ・タブレットケース

強度が高く、プリント加工などもしやすいため、スマホやタブレットケースに加工されることがあります。単価も安いため量産しやすいメリットがあり、多くの方が購入されています。透明感も高いため、自分のスマホ・タブレットの色やデザインを損なうこともありません。

no.2

ディスプレイ棚

お店のディスプレイ棚などに加工されることがあります。お店のコンセプトを損なうことなく、商品の魅力を十分に引き出せる什器が作れます。厚みを持たせるなど自由度が高いため、重量物をディスプレイする時などにも重宝します。

no.3

アート作品など

プリント加工などができるため、アート作品の額装や作品の一部として使えます。薄いアクリル板に透明な用紙に印刷をした写真などを貼り、それを何枚も重ねて遠近感を持たせたアート作品など、アイディア次第でいくつものバリエーションが生まれます。

太陽光にも強いから屋外利用もできる!アクリル板の魅力

アクリル板

軽さと透明感が必要な場面に最適

アクリル板は、厚みと重さが比例しますが、透明感を持たせたい場面や、ガラスよりも軽い素材を求めている方にとっては最適な製品です。曲面加工・熱加工・接着加工なども容易にできますので、さまざまな場面で使えるメリットがあります。水槽やディスプレイ棚の他、ケースなどにも応用することも可能でしょう。
アクリル板は、比較的安価ですので、量産したい商品などに採用することもできます。透明感があり軽さもプラスできる樹脂ですので、多くの方に使ってもらえる製品を作りたい時などにも最適です。
また、先述のディスプレイ棚などは、厚みがあっても重厚感はほぼ有りません。カジュアルな雰囲気やラグジュアリーな雰囲気を出せますし、照明とのコラボでキラキラした感覚を印象づけることもできるので、おすすめです。