HOME>注目記事>ヒーターは製品作りに欠かせない部品!部分的にも使える

ヒーターは加熱する際に必要な部品

ヒーター部は、対象物を加熱する際には必要な部品です。針金型や棒状、コイル型など、さまざまな形があります。
私たちの生活にヒーターは欠かせない部品の一つであり、一年を通じてヒーターがあることで生活が成り立っていると位置付けても過言ではありません。

マイクロヒーターの特徴

ヒーター

針金状なのでコンパクト

マイクロヒーターは、針金状の製品です。巻きつける、折り曲げて埋め込むというようにフレキシブルに加工することができます。施行工事の際も、簡単に施行ができるためスピーディーに工事が完了できるメリットがあります。また、場所も取りません。

折り曲げ加工が容易

針金状ですので、曲げ加工が容易です。棒に巻きつける・折り曲げて枠の中に収めるというような加工も簡単にできます。複雑な場所にも取りつけすることが簡単です。ただし、複雑に折り曲げることで蓄熱破断する可能性があるので、ある程度は注意が必要です。

ヒーターの加温・上昇までのスピードが速い

可動させた時のヒーターの温度上昇が早く、短時間でマックスまで上昇できるメリットがあります。熱効率が高いため、棒に巻き付けた時でも加熱ムラなどが出にくいメリットが生まれます。水道管の凍結防止や、冷凍ゾーンでの部分ヒーティングなどにも最適です。

ヒーターは製品作りに欠かせない部品!部分的にも使える

暖房器具

様々な分野に役立つヒーター

ヒーターは、私たちの生活だけではなく、さまざまな場面で役立ちます。大量のお湯が必要な場合、貯水タンクにマイクロヒーターを撒きつけて保温することができます。また、配管類の保温や、いざという時にバルブの開閉が簡単になるよう暖めておくことなどにも効果を発揮します。粘度が変わりやすい油圧オイルの保温など、考える程に使い道のバリエーションが広がります。そういった点から、生活・工業・商業などヒーターは欠かせないものとなっているのです。